ダイヤモンド買取を依頼したら、ダイヤの4Cをまずチェックされます。

4Cとはダイヤモンドにだけあるもので、この4Cで価値が決まるとも言われています。

4Cのことをある程度知っておくとダイヤモンド買取の際の査定額に少し意見できるかもしれません。

◎ダイヤモンドの4Cについて

4Cとは、ダイヤモンドの品質を評価する4つの要素のことで、カラット、カラー、カット、クラリティの4つを指します。

カラットは重さ、カラーは色、カットはカットの形、クラリティは透明度を表します。

私たちがダイヤの石を見てもわかるはずはなく、鑑定士が鑑定して作成された鑑定書を見ればわかります。

◎高価買取の条件

ダイヤモンド買取が高額になるのは、当然評価が高いものになります。

カラットは大きい方が良いですし、カラーは完全に無色透明の方が高評価です。

カットはエクセレントの方が良いですし、クラリティはFL、IF、VVSくらいまでなら無傷でインクルージョン(内包物)もほぼないと言われているので高額買取が期待できます。

◎鑑定書をチェックしてみよう

婚約指輪でもらったとか、ある程度の大きさの石のダイヤモンドなら鑑定書が添えられていることが多いです。

鑑定書があればそれを一度チェックしてみましょう。

ダイヤを購入した時にもらったけれど、見ていないという人がほとんどではないでしょうか。

私もそうです。

ダイヤモンド買取を検討し始め、初めて鑑定書を見たと言ってもいいでしょう。

インターネットで4Cを入力すると、買取価格を概算で出してくれるサービスもあるので利用してみると良いでしょう。