ダイヤモンドと言えば、カラー、クラリティが無色透明で傷なしといったものの方が評価が高いと言われています。

私の持つダイヤも無色透明のものですから、ダイヤモンド買取ではある程度の高額査定が出るのではと思っていますが、もっと高額査定が出るダイヤもあるようです。

◎カラーダイヤモンドとは

通常、ダイヤモンドと言えばカラーは無色から淡い黄色で、肉眼で見てもほとんどわかりません。

しかしファンシーカラーダイヤモンドという、ピンクやブルー、イエローなど色のついたものがあるのです。

これはかなり希少なもので、ほとんど手に入らないと言っても良いでしょう。

イエロー、ピンク、ブルーといったダイヤモンドはかなり高価なため、もしダイヤモンド買取に出したとしたら、高額で買取してもらえるはずです。

◎カラーダイヤモンドは専門店へ

カラーダイヤモンドを持っているが、買取してもらおうかと考えている人がいれば、ダイヤモンド買取を専門にしているお店に持って行くようにしてください。

ダイヤの4C(カラット、カット、カラー、クラリティ)もわからないような買取店に持って行くのだけは止めてくださいね。

専門家が見れば高価なものであるとわかりますので、高額での買取が期待できます。

ダイヤモンドの専門知識を持つスタッフがいる買取店を探し、そこに依頼するようにしてくださいね。

今ならインターネットで探せますので、ダイヤモンド買取専門店を探し、信頼できるお店で査定してもらいましょう。