若白髪と白髪染めの、生活習慣について。

早い人では10代~20代の前半でも白髪が目立つようになるといわれています。

この若白髪については、加齢とともに白髪になる5つほどの原因や理由の他に、若白髪を誘発するような特別な要因、メカニズムは解明されていないといいます。

もしも若白髪特有の原因があるならば、白髪染めも専用の商品が開発されるのでしょうが、現在のところは市販の白髪染めを1つずつ試して、自分にあったもの、使いやすいものを見つけていくしかないようです。

髪染め剤の選び方ですが、白髪を染めるときにはヘアカラーではなく、白髪染め専用の商品を選ぶようにしましょう。

中に配合されている成分が異なるため、ヘアカラーでは白髪をうまくそめることはできません。

現在では使い勝手の良い白髪染め専用のヘアカラーやマニキュアタイプのものがたくさん発売されています。

また液体タイプよりもクリーム状の白髪染めのほうが、使いやすいという声を多く聞きます。

白髪の原因はネットでも多く語られていますから詳しくは説明しませんが、原因の5つとは「遺伝」、「ストレス」、「体内で発症している病気や異状」、「過度なダイエット」、「栄養バランスの崩れ」です。

昔から「楽天的な人は白髪になりにくい」といわれていますが、ストレスと白髪が強く影響しあっていることは、体内メカニズムの研究などから明らかになっています。

若白髪でお悩みの方は、毛染め剤の選択と同時に、日常生活の中にストレスをつくり出す原因となるものがないか、また過度なダイエットなどから、バランスを崩した食生活になっていないかを同時にチェックしていきましょう。

たとえば頭髪の成育にも良いとされるのはカルシウムを多く含んだ食材で、ひじきや油揚げなどは、食品の中でもトップクラスの含有量を誇っています。

豚肉は良質のタンパク質を多量に含み、疲労回復やストレス解消に効果があるともいわれています。

できることから少しずつ取り入れ、生活習慣の改善につなげていくことが、若白髪を抑制する近道になります。

Comments are disabled