ヘナ白髪染めが話題になっているけれど。

ヘナはインドや中近東に自生する、ミソハギ科のシコウカという植物で、古くからインド地方ではそれを粉末にて、染料として使われてきました。

儀式や舞踏などで、髪の毛やツメ、手・足などに色彩を施してきました。

さまざまな病に用いられる薬草としても長い歴史があり、人々のあいだに根づいてきた象徴的な植物です。

現在、私たちが使っているカラーリング剤は、化学反応によって染料を髪の毛の中へ浸透させるものですが、髪質を低下させるおそれが指摘されたり、頭皮に悪影響があるのではないかと心配する声があがったりと、消費者から健康を憂慮する声もおさまることがありませんでした。

そこで白髪染め剤のメーカーが目をつけたのが、オーガニック志向のユーザーに応えるための研究開発で、「ヘナの色素成分によって髪が染まる」ということを突き止めたのです。

ヘナには、「ローソニア」という特有の色素成分が含まれていて、この成分が髪の主成分ととても相性がいいことがわかりました。

髪の主成分であるケラチンに、良く絡みつく性質をもっているといいます。

このようにヘナ白髪染め剤は、天然由来の植物を使ったものですから、髪に与えるダメージが少なく、頭皮や皮膚から浸透することでの健康被害への心配も少ないなど、発売以来、消費者の反応も右肩下がりに良くなっているといいます。

個人差がありますが、ネット上では、皮膚の弱い人やアレルギー体質の人にも良いといった口コミが目立っています。

さらにヘナにはトリートメント効果があることから、傷んだ髪を保護したり、枝毛や切れ毛などの防止にもつながるとされています。

カラーリングと同時にトリートメントもできるため、忙しい日常の中での白髪染めにも負担が少ないようです。

Comments are disabled